http://mr331.blog56.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sat
2008.07.05
23:33
 
「恐竜と隣人のポルカ」
7月4日(土)13時開演@シアター・ドラマシティ



見終わってすぐに友達に尋ねた一言。
「本当にガマザリを書いた人と一緒の人が書いたの?」でした(笑)

感想と言えるほどのコトでもありませんが、ちょっとメモ。



 

more


作・演出  後藤ひろひと

出演者
寺脇康文 手塚とおる 水野真紀 森本亮治 大和田美帆
竹内都子 兵藤大樹 後藤ひろひと  石野真子



訴えるモノも、心に残るモノも、特に何もない(笑)。

それがね、すごく面白いということを、生まれて初めて知りました。
「最高のB級」という例えがピッタリだと思いましたが、いかがでしょうか?

クスクス笑い始めて、最後は大爆笑でした。
こんなに笑ったのって久々。
あの時間を過ごせて、大満足。ホント、すげー。


寺脇さん目当ての私でしたが、てらさんの記憶がほとんど無い。
あれー。あれー。あれー。
その他の人たちの記憶も特にない。
なんでー。どうしてー。わからなーい。

そして、印象に残っているのは・・・石野真子ちゃん。
年上の大人の女性に「ちゃん付け」はよろしくないですけどね、
でも「真子ちゃん」なんですよ。可愛いのよ。
最初から最後まで、真子ちゃん。

最後、真子ちゃんが歌うんですけどね。
もう笑えてきて、止まりませんでした(笑)。
「なぜ、歌う。なぜ、ピンクの衣装に着替えてるの。なぜ、みんな一緒に踊ってるの」
そう思うと、有り得ないくらい笑えてきて、大爆笑。

文字にすると、その面白さが伝わらないのが悔しいぜー。
(文才がないだけ、とも言う・遠い目)


明日は千秋楽。

ふっふっふっ。

行くのだ。

明日こそ、てらわきをガッチリ記憶してきてやるー(苦笑)






で。

今日の昼公演、少々年齢の高い方々がいらっしゃって。
「あれ。どなたを御贔屓の方々なんだろう。そういう方が出演されてるんだなぁ」
そんなふうに呑気に思ってました。

カーテンコールの際に、大王(・・・と言うのが初めてで、ちょっとドキドキ・苦笑)から「どちらからいらっしゃったのですか」と問われてました。
「とくしま」と答えた、方々。

気付きましたよ。さすがの私でも。



代議士の妻って、たいへんなんだなぁ。

困ったように「舞台中は写真を撮らないでね」というような注意をされてました。
うん、たいへんだなぁ。御贔屓筋への気配りと配慮。
1列目から数列。
がっちりとごとー田さんが連れてきた方々だった模様。
・・・たいへんだなぁ。


明日は・・・大丈夫かな。


Category * 舞台
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 pleasant daily life, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なかのひと