http://mr331.blog56.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Tue
2008.05.27
20:03
 
今日もナカイ三昧中。


◆web拍手、たくさんありがとうございますm( _ _ )m

*5/25 13時台にメッセージをくださった方へ
今も昔も流派に、変化はほとんどありません。
習い始めて数年なのに、教えて貰うまで変換ミスに気付かなかった私って・・・(苦笑)
習っていたって、流派についてはほとんど知りません。
見て「綺麗」と思ったり、「可愛い」と思う心に知識はいらないかなーと思ってるからかも。
(センセイには「習ってる限りは覚えて欲しいんです」と常々言われてますが・汗)


 

more



■職場で、ね。
去年のことになりますが、私の同期の人が嫁に行きました。
そして今年。
その子が、子供を授かりまして、ね。
とってもお目出度いことだし、喜ばしいことなんです。
でも、切迫流産で少しの間、休むことになりました。
少しパニックになりながら、職場にいた私に電話があり、
「誰に言ったらいいの?休まなければならないの。休んだらどうなるの。診断書ってどうしたらいいの?」ほかイロイロ。矢継ぎ早に質問の嵐。
「子供っちが危険なら休まなきゃダメだから。いいの、いいの。所属の偉い人に電話回すから」
そー言って、電話をつなぎました。

電話をつないだけれど、補足することがあるかもしれないから、その所属課へ行きました。


その所属課での反応は、びっくりしたくらい、冷たい。
「あー。自己管理不足だろ」とか。
「そんなにしんどかったから、途中で帰ったのか」とか。
一言でも気遣う言葉がないの、ね。

私は、結婚もしていないし、そんなわけで子供を授かったこともない。
だけど、子供をお腹の中で育てて産むというのは、労力も精神力も必要なコトじゃないのかな。
そんなふうに思ってます。
お腹の中で、楽チンに育てて産む人、ずっと安静を要する人、いろいろなんじゃないのかな。

その同期とは、上辺だけの付き合いをしている私ですが(えっ)。
安静にしなければならない状態を、心配くらいはします。
できることがあるなら、協力だって、少しはする気持ちくらいもあります。

でも、同じ場所で机を並べて仕事をしている人たちの冷たさに、怖さを覚えました。


世の中って、そんなものなのかな。
私が幼稚というだけなのかな。

それとも、彼女はそんなに疎まれるくらいの存在でしかなかったのかな。

「普段の彼女と今の彼女は、別物でしょ」と思っている私は、バカだと思われるかもしれない。
いつもの状態とは違う今の彼女を気遣っても、いいんじゃないのかなぁ。



そんなふうなことを思った、午後の出来事。


Category * たわごと
Trackback(0) Comment(1) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2008.05.28(水) 00:10 | | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 pleasant daily life, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なかのひと