http://mr331.blog56.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sun
2007.01.14
00:57
 
甘かったとです。
ケーキ、食べたかったんだけど家にあったのが羊羹だったので。

■いいとも@火曜(今更?・苦笑)
半袖の君でしたよー、なかい。重ねてるものの、半袖。
観てる方が寒いってばっ(笑)
だけど、鬘で腕をワササーとされて「くおーっ」てな感じで笑ってるナカイに、おおおっと嬉しくなりましたにゃ。

■すぽると
・「うわー、まついだー」
・本人目の前に呼び捨てかよっ(笑)
・で、ワサワサ、触る。いつものごとく、触る。
・「痛い?」
・「俺、本当に、心配したよー」
・「俺、泣きそうだったよー」
・もの凄く分かる、その気持ち。去年はナカイの怪我で泣きそうに心配したよ。実際泣いたかもしれんし。多分泣いてたし(えっ)。そう!ナカイよっ。バボーーーッ。
・「日本、戻ってこないんですかね・・」
・あ。聞いたのね。聞いたのね。言ったのね。言っちゃったのね。
・キラキラ笑顔が明日のナレーションの時も観れるのね(きっと)。
・楽しみだのー。
・個人的には、松井さんのリハビリ映像にくぎ付け。
・すぽると、ひっさびさに観たけど。え、あの人は誰?(女性の方)

■キムサマのカレー祭りを全て見逃す。
ありえない、ありえない、ありえない。何ひとつ観てないなんて。
はぁ。
せめて本編は、見逃さないように頑張ります。
あした。夜9時。4ちゃんねる。(関西では4チャンなのー)

 

more

■すますて
今回のメインゲストの方の言葉は、心に残るなーと思います。
「先生」の立場からの言葉。それは「うんうん」と素直に思いました。
ただ、残念だったこと。
1児の母であるゲストの方が「先生に対して」の言葉しかなかった。
親としての言葉があっても良かったんじゃないかなーと。
一般的な意見は、あったけれど。

今の時代ほどの規模ではないものの、そういったコトにぶつかったことがありました。
自分自身の時は、母親が素早く気付いて毎日きちんと元気に帰ってくることを見守ってくれていたようでした。

友達と私は、弱者の立場となった子の逃げ場になっていました。
「一緒にいてほしい」と。
私の場合も、友達が助けてくれました。
そんなのは時代なのかな。「昔の話」として片付けられてしまうのかな。

みんなが、友達、先生、そして家族に「心」を助けてもらえますように。


そして、大人となった私も真正面から考え、受け止める度量をつけたい。
一個人としても。
Category * smap
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 pleasant daily life, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なかのひと