http://mr331.blog56.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2012.04.09
01:30
 
昨日の夜は「がんばります2012」を見たのと以前の録画ブツを一生懸命見ました。
・・・寝不足で眠いですが、うれしい気持ちと安定感がいっぱいです。

■がんばります2012
 

more

つよちへのなかいさんのドッキリは安定感の面白さであります。
「だまされてつよしくん、かわいそう!」とか思わないのは、
ファンだから、じゃなくて、なかいさんのつよしへのハンパない愛情が垣間見れて、
もうもうもう笑いながらも、かわいらしさや仕事のデキル子っぷりを披露してもらって、
見てる私がとっても楽しかったです。
だまされてくやしいかもしれないけれど、いやいや、愛があればこそですな。

んで、ぽえまーたっきゅんの24時間シリーズは一生懸命がんばる姿を、
元来の「負けず嫌い」をふんだんに逆手に取られながら、ええ、見せていただいて。
アルバイトしたことないんだー、そりゃスマップだったもんなー、そっかそっか、とか。
げーのー人のお給料単価とは全然違うとは思うものの、一生懸命がとてもかわいらしく。
ファンからしたら「ええスタッフに囲まれて・・・(泣笑)」な感じでした。
またがんばれ。
普段じゃない扱いをされて負けず嫌いを逆手に取られるのをひたすら楽しみました。

しんごのしんまろは。
師匠のところに弟子入りのくだりまでは、笑えていたものの。
たくさんのお客様が入る師匠のステージで漫談をするってところは、
見ているこちらが緊張して、怖くて、直視できませんでした。
なんだろね。「スマップだからできる」と思われてる感がある彼ら。
芸能のお仕事をたくさんしてきて、私なんかに心配されることは何もないだろうけれども。
それでも同じ歳の私からしたら、畑の違うところである程度成功させなければならないということをしてしまうしんごは、いつもいつも尊敬の対象です。
まったく同じ場面には遭遇することはありませんが(苦笑)、
まあまあ同じような場面に遭遇したときの吐きそうな緊張感とプレッシャーを想像したら、
ええ、直視できずに、小さい小さい音に落として、薄目で見ていました(まじで)。
「勉強になったー」というしんごとVTRを見ていた彼らを、やっぱり尊敬しかできなくて。
もうファンというより、私の心の師匠たち、という感じかなぁとほにゃほにゃ考えてました。
いやあ、がんばったなぁ。がんばってる。すごいわ。

そして絶対おもしろくなるごろうさん。
私ね、カラオケボックスに入ってくるごろうさんを見ただけで、爆笑でした。
これから起こりうるいろんな爆笑ポイントを想像しただけで、お腹がよじれましたとも。
小窓のすまぷをごろさんのときだけじゃなく、もちろん見ていましたけれどね、
ごろうさんのときの前のめりっぷりにも笑っちゃったよ。
だって、おもしろいって分かってるから前のめりになるって、どんだけごろうを面白いと思っているのか。
とにかく期待を裏切らず、おもしろいごろうさん。
あの人、ぜったい、すまっぷの中で一番おもしろいことをわかってる人だと思うんだけどなっ。
(ここ数年、てか、殿リーマンをしたときに「あっれえ?この人おもしろいんじゃないだろうか。それもかなり・・・」と思ってから、注目してたらずっとずっとずっと面白いんだもん。気づかなかったのが悔やまれるくらいでしたもの)
面白さの安定感は、今のところ芸人さん以上だったりします。アイドルなのにー


そしてそしてそして。それぞれのごめんなさいとありがとう。
テレビで放送できる(と彼らが思っている)範囲で、いろいろ教えてくれてありがとう、でした。

なかいさんのごろーちゃんへのごめんなさいは、
そのネタ的な話じゃなくて「なかいくんがいじけた」というところをもっとつっ込んで教えてくれー。
もう気になって気になって気になって(苦笑)。
ライブの構成を話し合ったときにいじけて、他の4人がこれじゃまずいということになって、
じゃ僕が行ってくるよーとごろうが代表して様子を見に行った・・・ということをしんごが覚えてるくらいの出来事だった、ということがその時の出来事としてすごいことだったんだなーって分かって、
ちょっと趣旨から外れちゃうけれど、うれしかったな。分かるって嬉しいのよね。

ごろうちゃんからつよちへのごめんなさいは。
ごろうさんらしいエピソードとつよちらしいエピソードと。
イメージアップですねぇ、つよち。うははは。

つよちからたっきゅんへのごめんなさい。
注意をしてくれる兄貴がいるって、いいことだよね。
注意されていたことを、結果聞かずにいて、そしてごめんなさい。
素直に言えるつよちがいいですね。見習いたいですよよよ。
スタジオで「それ言ったの、覚えてる?」と聴かれて、なんとなくー、と言いながら照れたようなはにかむたっきゅんがもうもうもう!あの子がかわいいのが世の中にばれちゃう!いい子だってばれちゃう!とどきどきしたー。
そこはまだ世間一般的に知られなくてもいいかなーと勝手に思ってるので(笑)

どストレートたっきゅんからしんごへのごめんなさい。
そりゃね、たっきゅんですから真面目な話をしてくれるとは分かっていましたけれども。
しんごの嬉しそうなむずがゆそうな表情が小窓で確認できて、こちらもホッコリ。
そして、それ以上になかいさんのほほ笑みがいろーんなことを物語ってました、ね。きっと。
ほほ笑みてか表情を変えないように口を結んでるんだけれど、出てきちゃう表情が、とってもとっても。
スタジオでの照れるたっきゅんがめちゃめちゃほほ笑ましいです。

「そっちのパターン」で来るってことが完璧分かる流れのしんごからなかいくんへのごめんなさい。
そのための小窓でのナカイさんの振りも私には「よしよししんご。その流れ、よしよし」と言っているように見えました。(もう頭の中で勝手にそんな変換がされてしまっている。だってマジメなしんごの「ごめんなさい」があったら生々しくてシーンとしてどうしたら良いかわからなくなって番組の途中なのになんとも甘酸っぱい空気になっていただろうなぁ、と想像しただけで私が赤面で涙目になってます。ってしんごとなかいさんが絡んでバラエティでバラエティじゃないことを出してくるわけねぇよな。ええ分かってます。コントですよ、コント)
ナカイさんの大げさなリアクションも見飽きるくらい見てますが、
それはそれで安定感のある・・・っていつかは真面目コメントを見せてもらっても良いですかね(苦笑)
「良いことも悪いこともいっぱい教えてもらいました」で充分です。

ごめんなさいとありがとう。
表裏一体なんだよなぁ・・・と思いながら見てました。

しんごからたっきゅんへのありがとう、はスマップみんな思ってることなんだろうなぁ。なんて。
財布は以前見せてもらった(雑誌だったかなぁ)時より、ボロボロになってるけれど、
大切に使ってるのがすごく24年の重みを感じました。
そんな関係性がいいなぁ。いいなぁ。ってうらやましく感じたまじめなお話。
たっきゅんにはそうじゃなきゃ、な。

たっきゅんからつよちへのありがとう。
「爪を隠してる」と言われて「ええ!怪我したの?!隠してるの?!」と思ってしまってごめんなさい。
つかさんが言ってたことと同じことなんだなっていうのは、すぐ分かったけれど。
立ち位置をちゃんと考えてくれてありがとうってことなんだよねぇ。
そして「PS」にうるってきた。すごくきた。
「かんぱいしようぜー」ってとこのつよしの表情にもグッときて。
その時のナカイさんの表情にもグッときて。
いいよねぇ、スマップ。ほんと、爪を出しても面白いと思うんだよなぁ。って想像。

つよしからごろさんへのありがとう。
直接触れたあったかいやさしさがうれしかったんだろうなあ。
間接的に優しいのも、後々うれしいけれどさ、そんときは直接が効くだろうなぁ、なんて。
生放送で言葉が見つからないというつよし。
はにかんだ表情を紛らわすかのように、内職の花にふれるたっきゅん。
もうもうみんな愛おしすぎるですよ。ふわわわわ。

ごろさんからなかいさんへのありがとう。
はぐらかすだろうなぁ、と思ったらやっぱりはぐらかし、で。

こっからもっとうざいよ、わたし(笑)

ごめんなさいとありがとう。
過去の映像もいろいろ出てくる中で、ごろさんからなかいさんへのありがとうの中で。
4人のライブ映像が映ったときに、ぐわーんって引き戻ってしまいまして。
10年以上前のことで、普段友達と話すときは「いなくなったよねぇ・・。うふふ」と笑って話してるけれど、思い出すのは思い出すんだなぁ・・・と。
もう胸は締め付けられたりは、しないけど。ね。
そういや。
このDVDあんまり再生しないようにしてたりする。
超久々にこの映像を見て、今の自分より年下の青年たちが笑顔でがんばってて。
もう胸を締め付けられないんだからDVDをGWにでも見ようかなぁって思いました。
何箇所か行った公演の中でも、札幌の最終を思い出しちゃうんだよな。
最後にあいさつして、そのときナカイさん以外の3人の挨拶がすごくしんみりしちゃって。
そりゃしんみりしちゃうんだけれど、最後に挨拶したナカイさんがひとつテンションをあげて「本日はありがとうございました」と寂しくしんみりした気持ちを変えてくれたから帰り道「なかいくんがいるから大丈夫だね」と友達と話したような記憶があります。
ツンデレのツン期があっても、このときのナカイさんを見てから「信じてついて行ったら楽しいことがまってるはず」っていうのを、根拠があるから思ってるんだけれど、そんな確かな根拠でもなく、でもついてきちゃってるんですよね、今の今。

それでですよ、それで。なかいさんからの交換日記。
最初「ナカイのにっきがないー。えー。なんでー。また『時間的?じゃ僕の時間を削りましょう』とかなって、ないのかなー。それならそれで、うん、我慢しなきゃ、だな。ちぇっ」とか思ってました。

CM中に「他のメンバー4人に対する日記かな?」と思ってて、それはそれで楽しみになって来て。

そしたら『ファン』へ向けての日記、とは!
でも本当に生披露するまでの数秒は「いや、まだ何かあるかもしれない。面白エピソードだったとしても思いっきり笑ってやる。」とか思ってました。
(どんな仕打ちを受けてきたのかわかんないくらいの妄想・・・。あとあと、自分が不憫で涙ですよ・笑)
そんな想像を打ち消すようなテンションの話方で、お話で、もうそりゃね、泣く。
どんな感じだって、低燃費で楽しんでるよ~ってずっとずっと日記では言ってきた私ですが。
そんなことないですよ。
直球でファンのこと大切ですよー!と言ってくれるおっさんや若い子達に浮気もしました。
だって、スマップファンでいることがつらい時だっていっぱいあって。
ライブの中身はスマップ以上に好きなグループは居なかったので、行ってました。
テレビではいっぱい活躍してるし、テレビにいっぱい出れる環境にいるだけでも感謝しなきゃとか。
今はファンを育ててる時期なんだろうな。でもどうなったらお気に召すのかわかんないよ、とか。
笑顔が制服のアイドルのくせに、なんだよなんだよなんだよ、とか。
個人よりもスマップが好きだけれど、なかいさんファンよりも他のメンバーのファンを優先させるのを目の当たりにして、それでもスマップのためになるとか思って、自分のファンなら分かるだろうみたいな教育なのか?とか思って、もう腹立つというより悲しくなってきたり、とか。
なにスマップからはぐれてるんだよー、どうしたいんだよー、考えてることわかんねぇよー、とか。
・・・とか公言(?)することすら、駄目だよな。うん、そうだよな。うん。
って、勝手にいらぬ気遣いというか、きりきりしながらファンしてました。
もちろん、すますまがおもしろくねぇ、とか言おうものなら、駄目でしょ、とか。
(それは今も思ってたりする日もあるので、まあ、言っちゃうのはお気に召さないでしょう)
それでよく分からなくなってきて「なかいさんの理想とするファンになる」ことだけに目標を置いたら、気分は少し楽になったけれど、やっぱりさ、直接の優しさほしいのよ。アメ玉がほしいのよ。
・・・って全部なかいさんへの苦情かい(苦笑)

だって、いつもいつもいつも、他のメンバーの笑顔は優しかった。
だから「なかいなんてーっ」と思ったときでもスマップが大好きだったからさ。

そんなヤツが、あんなどストレートに「ありがとう」を言うなんて、事件です。
いや、これから先にとっては、全然事件じゃないかもしれない。
ただ楽しかったよ。今までも。毎日楽しかった。
突如シリーズすら楽しんでやるぜ!ぐらいの覚悟も背負ってファンしてると思う(もう病気だ)。
(突如シリーズは無い方がもちろんイイです。すごいつらいです。しんどいです。胸が苦しいです。目が泣きすぎで腫れ上がります。ただ、起こってしまったらそれすら楽しんでやる、という気持ちです。)
でも「ファン孝行ができる歳になりました。」って、もうなんだよーなんだよーなんだよー(大泣)。

なによ、このデレ期・・・(でれでれ)
もうツン期がくるからと、覚悟しなくても大丈夫ってことなのかなぁ。
ツンツンツンデレツンツンツンツンツンデレツンツンツンツンツンツンツン・・・がスマップ(てかナカイさん?)
もうしばらくは、怖いからツン期の覚悟もしておくだろうけれど(気持ちに保険をかける)。

バカな発言だと思うけど、バカダカラ言う。

信じて付いてきて、よかったー。
ってしみじみ思っていたのが、やっとホッとできました。

たまにはね、言葉にしてくれないと分かんないもんなんです。
ありがとう。
スマップを続けてくれてありがとう。
この大きなアメを大事にして、妙齢に差し掛かる私ですが応援していきますわ。


新曲を歌い、俺たちを歌い、ありがとう。
新曲はお気に入りだし、俺たちはスタンドマイク繋がりなんだろうけれど、2001の最終曲4人で歌ったときの記憶をやっとこさ5人に塗り替えてくれて、ありがとうはいろいろ思うこといっぱいある曲だから、やっぱり号泣。

バラエティでゲラゲラ笑ってたのに、交換日記でめちゃめちゃ泣かされて。
泣かされてしまったことに、ちくしょーって思う(笑)


いつだって気にして、いつだって応援していくさ。
もうファンを辞めるとか考えることはないもの。
どうやって、付き合っていくかを考えてるだけだもん。大好きだからさ。

とりあえず、ライブ楽しみです。わんわんっ。
Category * smap
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 pleasant daily life, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なかのひと