http://mr331.blog56.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sat
2011.12.31
01:29
 
今年1年間は一生の内で忘れられないことばかりの1年でした。
記憶に残るモノは、ぜんぶぜんぶぜんぶ、いろんな意味で大切なことだったかな、と。

行ったイベントの感想を全然書いてなかったりするので、
いろいろ入り交じりながら書いておこうかなーと思うのです。




 

more



1月
なし

2月
なし

3月
なし

4月
なし

5月
・28日(土)『ぼっちゃま』@パルコ劇場

6月
なし

7月
・23日(土)『ベッジ・パードン』@世田谷パブリックシアター

8月
・18日(木)スマスマ観覧(9月12日放送分ビストロ)
・27日(土)『ファンミーティング』@神戸文化ホール

9月
なし

10月
・15日(土)『泣き虫なまいき石川啄木』@サザンシアター
・26日(水)『大泉ワンマンショー』@サンケイホールブリーゼ

11月
・3日~5日 大分熊本旅行
・12日(土)『ファンファンパーティ』@東京ドーム
・13日(日)『ファンファンパーティ』@東京ドーム

12月
・10日~11日 岐阜旅行



後半にイベント事が固まるという私のバランスの悪い生活に復帰しました。わー。

4月以降、急に出歩いていい状況になったので、
そのあたりから「行きたいなー」と思う舞台のチケット参戦して。
ベッジとぼっちゃま。
行って良かったなぁ、と思う舞台でした。
あ。石川くんも行った。
本当に行って良かった、と思ってます。
日常をぐるーんと変えてくれるツールであり、気分をチェンジできたりして。
観劇できる自由に感謝した1年でもありました。

大泉先生のワンマンショーは、褒め言葉ですけど、本当に賛辞ですけど、
全く記憶に残らない大笑いできるステキなワンマンショーでした。
大泉さん、本当に大好きですわ。
今年はそれを再確認した1年でもありました。
来年のげつく、観ますよん。もちろん。

そして、すまっぷ先生たちです。
今年1年は「運くん」がずっと近くにいてくれたような気がします。
ふぁんみが当たり、勢いで応募したスマスマ観覧に当たり。
ふぁんぱは、自分は外れたものの友人たちに助けられて観ることができました。

ちょっとしんみりした話しになるかもしれませんが。

昨年のドームライブですまっぷさんたちを観てるとき、
ずっと「次にすまっぷを観るときには、おとーさんはいないんだよなぁ。ライブ行ってきて楽しかったよ!って言いながら一緒に飲んだり、笑い合うことはないんだよなぁ」とふとしたときに思ってました。
その時には、もうギリギリのところで生かせてもらってる(医学が進んでいるから)状態でした。
何度も何度も「もうそろそろダメかもしれません」と言われて、何度も何度も「山は越えました」と言われて。
ダメかもしれません、と言われても、意識がなくなることはなかったから他愛のない話しをしたりしてて、ダメという状態がなんなのか分からなくなっていて。
ライブを観に行く、なんてどうなの。と思ってました。
けれど「今年は行かないのかー。」と言われて「うん。いかない」とは言えなかった。
私が行かない、というのはチチに「もうダメだから近くにいるの」と言うことになっちゃうのかなって。
7月中旬くらいに「ダメかも」と言われたときは、「もう行かない」と思ったけれど、
数日後に「山は越えましたよ」と言われて、チケットは取ってるし、どうしようと考えたときに、
ハハは「行ってきたらいいよ。本当にダメなら行けないけれど、ほら、元気だし。」と背中を押してもらって、ファンなのにちょっと無理矢理強行軍みたいな感じでライブに行って、それもすまっぷにも申し訳ないなーとか、いろいろ、ホントにいろいろ考えたりしたこともあったりして。
舞台もそうだったなぁ。つよっさんの舞台。
体調が良くなって「年は越せますよ」と言われて少し「ホッ」として。

仕事も家もキリキリして、もう何が何だか分からなくなる日もあったりした中で、
日常から離れたところに身を置かせてもらえることや状況に感謝しました。
キリキリした状態を見透かしたように、
チチもハハも「遊びに行っておいで。」と何度も言ってくれて。
甘えていいのかどうかも分からず、困った顔をしてしまったときに、
「美味しいお土産、買ってきてくれなきゃ。東京みやげ」と言って笑ったチチを忘れることができません。
小さい人間だなぁ、とホントにホントにいろいろ考えさせてもらいました。

おっと、話しがずれた。

で。ふぁんぱ。
バックステージからメインステージに歩いてくるすまっぷを見ながら、
「去年、ここで思ったなぁ。チチのこと。本当にいなくなっちゃったよ」
と想う気持ちがいっぱいでてきて、それでも楽しませてもらえて。
悲しくて寂しい気持ちで泣いてしまっていたのに、
泣きながらも大好きな彼らを見てると、幸せな気持ちに変わっていって。
本当の意味で、チチとのお別れの気持ちを作ることができた日でもありました。

今年は東日本大震災という未曾有の出来事に出会ってしまった日本。
私のチチがいなくなったことなんて、
私たちだけの出来事で、悲しんではいけないような気持ちがありました。
暮らす家があり、電気もあり、亡骸もあり、私は生きているという事実。
そんな私が、チチの死を悲しんでる場合じゃない、と思ってしまっていました。

けれども、
そんな私くらい、チチのことをいっぱい思って悲しんでもいいんじゃないのかな、と。
スマスマ観覧のあと、友だちと飲んだくれて、ホテルで1人になったとき、
いろいろ考えて、思うようになったり、ならなかったり。
考えすぎて、もう死にたくなってしまったり、ダラダラ生きたり。
そんな時のファンミで「生きたい」と強く強く思わされて。
ふぁんぱで、やっと、お別れを大声で言ってもいいじゃん、って思って、帰ってきました。

今年参加したすまっぷのイベント全てに対して、
私の人生というか、価値観というか、考え方がくるっと変えることができました。
これらが無かったら今もまだ、悲しむことも許さない自分がいたと思います。

めちゃめちゃ「らっきーさん」だったなぁ、とすまっぷ1年を思います。

真面目に考えすぎるところをなんとかして、ええ、来年もすまっぷさんに向かって走りたいです。



と、いうことで。
ほんとはとっても寂しくて悲しい1年でもありましたが、
すまっぷさんに掬い上げてもらえた1年でもありました。

そうそう。
すまっぷさんを通じて知り合えたみなさんにも、いっぱい掬い上げてもらった1年でした。
ベッジのときに夜ご飯を一緒してもらい、いっぱい話しをさせてくれためるなさんに感謝。
ふぁんぱのときに一緒に飲んだくれて、わんこきむらの話しで盛り上がってくれたNe-Neさん、まる・かさん、そしてここを読んでいないけれど相方のなおさんに、感謝。
Category * たわごと
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 pleasant daily life, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なかのひと