http://mr331.blog56.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sun
2011.10.23
00:34
 
てことで、もう20日くらい前のお話。


(かっこ内の数字は洋服ハンコを押したところ。忘れちゃダメだから自分メモ)

■「西国三十三箇所巡」再開しました。
私自身は2年前に始めたのですが、ほぼ2年間、全く行けてなかったのです。

時間的にも落ち着いてきたし、気持ちも落ち着いてきたので、うん、母と2人で再開しました。
朱印帳は、母も私もそれぞれで持っているのですが、父の分もあるんです。
終わらせることなく逝ってしまった父の帳面の空いてる部分はあと数ヶ所。
掛け軸を1回忌までに作り上げてしまおう、ということで回ることになりました。
30年以上少しずつ回っていた両親のいろいろを思うと、少し泣きそうに。
ずっと働いている2人だったし、私を育てるのに手間暇がかかったんだろうなぁ・・と。

ちょっとしめっぽくなりそうなので、やめる(苦笑)



今回、10月2日、
第二十六番札所「法華山一乗寺」と第二十七番札所の「書寫山圓教寺」へ。

姫路駅を中心にして、バスで移動。

■先に二十七番の方へ。
姫路駅からバスで30分くらいだったのかな。
その後、山に登るためにロープウェイに乗車する。
ロープウェイ 景色が良い感じのロープウェイでしたー

ロープウェイを降りて、バスに乗って山の中に・・というコースもあるのですが、
お金がかかるので、とりあえず入山料だけを払ってひたすら歩きました。
母は「ギリギリやね」と。私は「いや、私はアウトやで。」というような山でした。
そして「着いたかも?」と思ったら、この階段ですよ・・。
西国27 うげー。

でも、登りましたとも。

建物内に入ったら、すぐにのんのんして、にんにんして(違)。
そのあと、掛け軸・朱印帳などを出して「おねげーします」とお坊様にペコリ。


もちろん山をテクテクと下りて、ロープウェイに乗って、無事下山。


■バスで姫路駅に戻って、すぐに26番札所へ。
(この札所へ行くのは「バス」ではなく、レンタカーの方が良かったとあとで後悔します。がいん。)

バスを降りたら、すぐにこの感じです。
西26

また階段・・・、と2人で絶句しそうになりながらも、頑張って登る。
建物内に入ったら、同じ行動ですよ。ええ、はんこくださーい。


で、で、階段を下りてきて、
駅へ戻るバスの時刻表を見たら・・・あと1時間以上もバスは来ない!しかも最終バス!
・・レンタカー屋見つけてたのに。ああ、ナカイの大年表に間に合わない、がグルグルまわる。

1時間以上を待って、乗ったバスから見た姫路のメインと思われる姫路城。
あいーん
工事中で全く見えないの。ダメなの。数年後なの。数年後行くの(城好き)


姫路城に行くのを目的とした日帰り旅行だったのですが、
「あ?近い?じゃ、寄っちゃう?行っちゃう?」と軽く行ったのです。
ただ、電車に乗ってる途中からはメインになってました。あれれ?

始めちゃったし、良いタイミングだと思うし、頑張りたいなー。
グダグダ文句言ってますけど、たぶん全部がパワースポットでした。少し空気違うのね。

 
Category * 西国さん巡り
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 pleasant daily life, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なかのひと