http://mr331.blog56.fc2.com/
Mon
2011.08.29
22:52
 
忘れたくない記憶はすぐにメモしなきゃ、忘れちゃうのに。
飲んだ次の日、温泉に宿泊して、もうそんなに覚えてない・・という。がーん。

 

more






先に言います。
思い出したり、友達に確認したら、勝手に追記しますー
(そんなに覚えてないのか)(・・・)(バカだからバカだからバカだから)





8月27日(土)17時開演@神戸文化ホール


1部に入った知り合いから電話が来て「すごく並んでるよ~。私は居れたのは13時過ぎてた」とのこと。
始めは「え?なに?どゆこと?」と思っていたのですが、本人確認チェックがありました。
・・・そりゃ時間かかるよなぁ。
開場時間よりも早く行く方が無難かもしれません。


おそらくほぼ定時始まり、だったのかなぁと思います。
(私は時計を持たないタイプ)
ファミクラスタッフさん(でいいのよね?)が登場して、諸注意などなど。
何度か登場してお話しされるのですが(2、3回)、
何度も何度も「すまぷは優しいから」と言ってました。
以前、Mステ観覧(両さん)のときにも「すまぷは優しい」と何度も何度も言われていたので、
ずっとずっと優しい人たちのまんまなんだなぁ、と嬉しかったです。

すまぷ登場までの間、画面にすまぷのCMが流れてました。
えっと、なんだっけなぁ。一本満足とたまちゃんを見たくらいしか覚えがない(とりあたま)。

少しライティングが変わって登場することが分かると、そりゃもうドキドキ。
低い声の私でありますが「きゃああああ」と言ってましたとも(苦笑)。
しんご→つよし→ごろさん→きむたん→なかいしゃんの順で登場。
私服で登場と言うことで、しんごが私服の説明をしたと思うのですが、もう覚えてない(あわわ)。
つよっさんは、白いジャケット(先日のいーともで羽織ってたモノかな?)で登場。下はジーパン。
ごろさんは、スーツ・・・というかスーツかな。
(記憶に間違いなかったら、綺麗な紺色だったと思う)
きむさまは、えー、覚えてない。あれ?どんな服だったんだろう?あれ?あれ?あれー?
なかいしゃんは、上下黒でお帽子あり。膝が見える半ズボンに黒いブーツ。
「39なのに、こんな感じ。」と半ズボンをたくし上げて、太ももがあらわに!きゃあ!
フンガフンガと興奮するところでしたが、周りの方達はお若いお嬢さんばかり。
変態汁を最初からぶっ放すわけにも行かず、ひゃあああ、と心で雄叫びを。
 (不明な部分は、一緒に行った友達に確認してみます)

この時だったか、以降だったか定かではありませんが、
なかいしゃんやきむさまが喋っている間に、
しんごが、ライブでいつも(だと思う)する客席全員をぶわーーっと見てました。
ふわー、じゃなくて、1人1人を確認している感じの。
私自身が確認された訳じゃないですけどね、違う方向のファンの人たちを大人の微笑みで見てました。
「強制のイベントじゃないんだぁ。」と思えて、嬉しかったです。
優しい微笑みだったのでね、そりゃ、強制のイベントじゃないって分かってますけど、
なんか大人の事情のイベントなのかなぁとか要らない心配もしてたので、うん(心配性)(取り越し苦労)。

何か話していたと思うんだけど、おぼえてないお。
(一言一句が合ってる訳じゃないので、サクッと読んでいただけたらありがたいです。こんな感じのこと言ってたーってだけです。ごめんなさい)



■質問コーナー

●印象に残る夢は?

しんご
・昨日見た夢なんだけれど、起きたとき、こんな感じになってて(ブルブルと自分の身体を揺すってる)。
夢の中でカエルが全身にポチポチと付いていて、揺すって振り落とす夢を見ました。ホントに。
(うげええええ)(でも私の頭の中では「かえる+しんご=ニモイの恋心」と変換されてて幸せ気分byターロウ)(頭ん中がヲタすぎる)

つよし「韓国料理を食べる夢を見ました。夢の中なのに味があって、美味しかったの。」
(え?印象に残る夢?最近見た夢の話しをしただけ?・・とツッコミたかった・苦笑)

ごろさん「タモリさんとビキニを着て泳ぐ夢(泳ぐかどうかはもう定かな記憶には残っていないです)」
きむさん「え?ごろーのビキニって上(胸隠し)もあるの?」
ご「え?僕はありますけれども」
会場「ええええええー」

きむさま
・飛んでる夢かな。すごく高く飛んでる。しゅたっ、と格好良く最初は着地できてる。でも途中でこんぐらい(床から10センチくらい)しか飛んでなくなる。
ごろさん「その夢に僕は出てこなかった?」
きむさま「ビキニで、ちょっと・・」
(夢の話しに乗せてくるなって!(笑))

なかい「夢はぁ、見るモノじゃなくて叶えるモノだからぁ(渋い演技)(カメラ目線)」
(きゃあああ。そんなことを言うって予想してても、かっこいい)(バカなファン)
(きゃあああ、と言ってるファンを上手く誘導してブーイングに変えたトンチしんご)
たっきゅ「いや、ね。夢って、寝てるときの夢の話しだから」
な「ああ(笑顔)。今日ね、こっち来るとき新幹線だったんですよ。でコロコロのお姉さんに熱いお茶をもらって。で、すごいアツイ夢を見てて『うわ、あちー!あちーよ!』と目が覚めたら、人差し指一本がお茶の中に入ってて『あちちちちちー』って。」
(そんな偶然はいるわけがないから、どこかからはネタだと思う)(友達と1時間近く『貰った熱いお茶入りコップを持ちながら寝れるか』を検証)(結論、ありえん)


●質問された方が職場でよく何かにぶつかるという話しから、距離感の把握の仕方を教えて欲しい
たきゅ「いや、これは、ごろーでしょ」
ごろさん「ぶつかっても、いんじゃないかな」
(優しげにごろさんは言ってたけれど、とにかくぶつかっても大丈夫。ということを力説してました・笑)
なかい「はい、つぎー」

●メンバーのお互いに好きなところは?
並び順が、しんごつよしごろたきゅなかい。
しんご「じゃ、この順(しんごの向かって左隣の人のこと)で言っていこっか」
(て、ことは。て、ことは。きむさまがなかいの好きなところを言うってことに!)
(うあああああああ)
(と思う数秒があって、しんごから答えていく)
しんご「つよぽんの好きなところ。20年間変わらないダメなところ。ダメダメなところ」
(なんか、分かる気がする。ダメじゃないところもあるから言える、て感じだった)

つよし「ごろさんの好きなところ。自然体の髪の毛」
ごろさん「え?馬鹿にしてる?馬鹿にしてるでしょ?」

ごろさん「きむらくんの好きなところ。全部好きかな。あ、髪の毛好きだよ。」
ここで、ごろさんがきむさまに近づき、髪をなでる(?)仕草をしながらひたすらきむさまの毛質を誉める(笑)

きむさん「好きなところ・・。私服が」
ほかメンバーも「うん。うん。」と。
き「ナカイの私服は、メンバーみんなチェックしてると思うよ」
メ「してる、してるー」
き「すますまのときとか、『お?』『ええ?』とか」
メンバーみんなの気になる存在のようです、ナカイさんが(笑)

なかいしゃん「しんごの好きなところは、いっぱい食べるところ。焼肉弁当2つとか。いっぱい食べてくれるので、食べていいんだーと安心させてくれます」
お腹を気にしながらのそぶりで、話してました。なかいさん。


「次最期の質問だからねー。最後だからねー」
と、ハードルを上げるすまぷ。


●どんな職業の女性が好きですか
しんご「携帯ショップの女性が好きです。ソフトバンクの人とか、優しいじゃないですかー」
めんば「誰にだって優しいんだよ」
し「あ。じゃあ社員教育が行き届いているのかなぁ」
(チラッと横目に誰かにアピールしてるかのようなしんご・ぷ。)

つよ「僕も制服の人が好き」
(「も?!」)
しんご「クローゼットの中にはいろんな制服がぶわーーーーっと」
つ「そうそう。クローゼットの中には、って、おいっ!」
(ノリツッコミ!)

ごろさん→言ってなかった気が。(友達に確認しますー)

たきゅ「僕はね、職業とかじゃないんだけれども、12時くらいにカーディガンを羽織って財布だけを持ってお昼を食べに行くために信号待ちしてる姿かな。んで、袖口で手の半分が隠れてる感じが」
なかいさん「それ、計算だよ。『私、かわいいでしょ?』って分かってるの。それでも、おれはぐっと来る(笑)」
(来るんかい。)

そうそう。きむさんの財布だけ~の話しの時に、
ごろさん「僕もね、財布だけでふらあ、と行っちゃう。(一緒でしょ?)」というお話を。
財布だけを持って、ふらぁと買い物に行っちゃうって、なに告白よ。

なかいさん「スチュワーデスさんです。うつつと寝てたら毛布かけてくれるでしょ?」
・・とどこかで聴いたことのあるお話ワンセットをお話されてました。
そして「みんなに優しいんだよ。お前だけじゃないよ」というツッコミも入ってましたよ。ぷ。




で、いったん、停止。
また、あとで追記します。(フーセン割りメモしなきゃ、忘れたくないのにーっ)



■フーセン割りこーなー
たっきゅんが司会者の模様で「もうどんな感じなのか分かっていると思うけれども」とか言いながら、
スタッフさんが運んできたフーセンを1つ手に取り、私たちファンにゲーム主旨を説明し始めました。
(※2階から眺めていた風景なので、若干違うところもあるかもしれない。)
フーセンを持って、元の立ち位置に戻ろうとするたっきゅん。
「小さく前にならえ」くらいの両手を出して、説明のためのフーセン割りをしようと歩み寄るナカイ(実際は歩み寄ってないけれど、心が歩み寄っているように見える)(もうつとぷファンのフィルターを通してしまったら事実が歪んで見える)(おかしいのかもしれない)(おかしくなるさ)。
気付かず、普通にだいたい自分の立ち位置にもどるたきゅん。
説明しながら、たぶん、気付いたんだと思う。
(ナカイさんが声をかけたのかもしれないけれど、ちょっと分からない)
(だって、もう「気付け、きむら。ナカイと触れ合え、きむら。抱き合え、きむら」と怨念を送っていたからたっきゅんが説明していた声すら聞こえていなかったくらいだし)(・・・病気だよ)
ツカツカとナカイの所に寄ってきて、お腹に風船を挟んで、そして、そして事件は起きたのです。
抱き合ってますよ、なかいときむら。抱き合ってましたよ、なかいときむら。
(風船を割ろうと必死にしがみつき合う感じだけ)
興奮してしまって、詳細まで覚えれてないんですが。
向かって左側がなかいさんで左側がきむらさん。
肩から抱き合う感じじゃなく、ホントにフーセンを割るためだけなので、両腕の肘下を背中に回して『グッ!グッ!』としてるように見えました(ああ、もう薄い記憶だから妄想の肴にできるほど説明できない。あいん・・)
そして、ぱあーんっと割れて、胸がぶつかり合って、きむらは立ち位置に戻っていき「こんな風に・・」と説明し始める。
ナカイが腹を触りながら後ろにどーんと倒れ込むように仰向きになったり、寝そべったり。
「き、きむら、ちょっと、まって」的にきむさまの説明を止めて「腹がいてぇ」とアピール。
きむさまは、素っ気なく「ん?ああ、」と話しを止めてナカイを一瞥。
(きむさまがツンデレに見える。残念な頭の私が見てるから、もう乙女な感じになっちゃう)
・・・と、これくらいしか覚えてない。(えー!もう!わたし、だめじゃん!)
こんな事件を目の前で(2階だから距離は離れてる)見てしまうと、もう、これで充分に。
あとはおまけなくらいでもういい。もうきゅんきゅんしてる。ああ、らぶがあふれるえぶりたいむ。

客席からファンを1人ずつチョイス。
1階は、きむさまごろさんつよっさん。2階へナカイさんとしんごが!
うあああああ。すごい目の前を移動したナカイさんとしんご。
出入り口付近席だったので、すごくたっぷり見させて貰って、もう白目になりそうでした。
白目になって倒れそうだった(つとぷ)のを、必死に立て直したところに、やって来るから。
私だけがこんなきょどっているのか、周りは「きゃあああ」と言ってましたが、
信じられないくらいの距離に、くらくらしました。びっくりしました。もう夢でもいいです。
というくらい、きょどってました。息苦しくなったし(大丈夫か?)

そして、この選んできたファンの方々が濃くてかなり面白い方々だったので、
「そんなファンと抱き合うところを見せられても・・」と思っていたのが、ぶっ飛びました。


ナカイさんは、子どもっち(お母さん付き)。

きむらさんは「私、がんばりますよー!」とやる気いっぱいの女子。

ごろさんは「わたし67さい」というハートの団扇を持った女性。
この方がね、かーなーり、ステキで面白い方でした。
「わたしね、きむらさんが大好きなの。大ファンなの」とごろさんが選んできたにもかかわらず、どんどんきむらさんに話し始めて、マイク無しでもかなりお話しされていたと思います。もう大爆笑!

つよっさんは、団扇に韓国語でつよしにアピールしているからと選んできたのに、その裏には「拓」と大きく書かれた団扇を持っているという、これまた、きむさまファンの方という(笑)。
(でも、2人とも好きだと言われていたので、とてもラッキーな方だなぁと)

しんごは「しんごだぁーいすき」という団扇を持った方を選んで、2階からたたたたたっと急いで走っている間に、しんごが足を「え?」と止めてしまうような一言を言ったとのこと。
「タイプはナカイさんです」
しんご大好きのうちわなのに、ナカイサンファンですよっ。
「冷たくされたい!『一生バイバイ』とナカイさんに言われたい!」というドMな方で。
すまぷは一瞬、きょとーーーん、としてたと思う。
でも、言われたい気持ちが分かる(ああ、不憫だ)
本当に大好きなんだなぁ、と。
いつだったかを忘れましたが、しんごやらメンバーに「言ってあげなよ~」という感じになったとき。
ナカイさんが(渋めの声で)「一生バイバイ」と言ったら、
この彼女が「ステキ!!!」ともうメロメロの声でこの発言を!
爆笑!なに、このドM!その彼女が素敵すぎる。
勝負には負けたかもしれませんが、私の中では優勝ですよ(笑)


いやいやいや、面白すぎる。
自分のファンと思って選んできた人たちが、半数以上自分ファンじゃないという(笑)。


ゲームは、なぜかごろさんと67歳女性が一番に割れまして。
胸騒ぎを頼むよ(だったと思う)のサイン入りポスターを頂いてました。
このサインをしているときに、壇上に上がってるファンいじりがすごくて、
台本があるかのような、とにかく爆笑しっぱなしのコーナーでした。



■歌のコーナー
がんばり・どうか届きますように・おりすま でした。
踊り付きのがんばりは久々に見ました。めちゃめちゃうれしかったー。
オリスマの振り付きは、たぶん生まれて初めて観たので、嬉しいというよりも感動、でした。

歌のコーナー行く前に、すまぷはお着替え。
その間、ずーーっと20年を振り返るようなVTRが流れてました。
すまぷを好きな記憶と共に、いろんな記憶も総ざらいしたような気分になって。
ファンになる前だって、じゃにっ子大好きだった私は、
すまぷの歌と共に人生の記憶もあったりするので、泣きそうになったり笑顔になったり。
もっとゆっくり振り返るようなテレビ番組があったらいいなーって思いました。
ファンしか楽しくないかもしれないけれども、
それでも、20周年なんだから、それでもいいじゃん!って思いました。


あとは、さーーーっとボンヤリというかもうどうしていいか分からなかった時間があって。
おしまい、でした。





あ。すまぷがステージを降りる前に、1人1人言葉を述べていくのですが。
しんごが「あんまり言わない(言えない)僕らだけど、おっきなところでライブしたい」と言ってて。
ふぁみくらすたふさんも「すまぷは考えてくれるから。」と何度も言ってた。
時間つなぎのためにふぁみくらすたふさんは言ってたのかもしれませんが、
今回の数ヶ所のファンミが事故無く無事終われば、次があるかもしれません、と。
次に繋げるためにみんなみんなちゃんとすると思うので、繋がるといいなーって、思います。
悪く考えたらいろいろあるとも思いますが、うん、良い方を信じても良いと思えました。


















チラチラ感想文が入ってて、読みにくかったかもしれません。ごめんなさい。
レポとは言えないモノになってしまいましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。
ふぁんみ空気が少しでも伝わったなら、幸いです。
Category * smap
Trackback(0) Comment(4) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment
 

Re: はつよろです♪

りれもんさんへ
お返事が遅くなり、すみませんでした。
ほぼ放置気味のこのブログへ来ていただき、ありがとうございます!
感想、とても嬉しかったです。

普段はあまり呟かない(汗)ツイッターに今はいますので、更新が少ないですが、よろしくですm(__)m
(@yuujuko5ils)

いろんな時間を……今はゆったりと過ごしています。
この記事を書いた当時は、人生で初めての荒波をいろいろと過ごしていた時期なので、いろいろ思うことがたくさんあった時期でした。
悪いことしか考えられない時期でしたが、SMAPに救い上げられた気がしてます。
りれもんさんも、何かが救ってくれることがあると思いますので、ただただ1日1日を過ごしていくことが大切と思って、良いことに出会える希望を胸に、今日もお過ごしくださいませ。

また、いつ更新するかわかりませんが(苦笑)、立ち寄っていただけたら幸いです。

NAME:ゆずこ | 2015.05.05(火) 22:30 | URL | [Edit]

 

はつよろです♪

なんだかファンになっちゃいました(゜ー゜*)

わたしですね…このところついてなくて(汗)
すべり台を滑っても滑ってもゴールが無い感じなんて言えば少しは伝わりますか?
ものすごい急降下中なんです。。

そんなこんなで色んなブログ読み漁ってたらここで足が止まりました(・∀・)不思議と心惹かれたんです。
ゆずこさんも色んな時間を過ごされてるんですよね。きっと。。

急なお願いで戸惑わせてしまうかもしれませんが
話し込んでみたいというか話しを聞いてもらえたらって気持ちを持たずにはいられなかったんです(o≧∀≦)o

連絡してくれたら有難いです。
もしも迷惑であればコメントごと私のこと消してください。

NAME:りれもん | 2015.04.13(月) 18:19 | URL | [Edit]

 

籐四郎さんへ

つとぷ風船問題の謎が解けてなによりです(^^)
あったかい、あったかい、ゆるゆるなイベントでした。
ただ、そこはじゃにーずじむしょ。
ゆるゆるでも、今まで参加した中のイベントでは、一番キッチリしてました。
けれど、いちばんあったかいイベントでした。
スターなのに、不思議だなぁ、と考える日々です。

NAME:ゆずこ | 2011.09.04(日) 00:12 | URL | [Edit]

 

レポありがとうヽ(^。^)ノ

ツトプ風船の謎が解けました。
なんだかニヤニヤニヤニヤしますね~(*^_^*)

NAME:籐四郎 | 2011.08.30(火) 21:20 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 pleasant daily life, all rights reserved.
 
なかのひと