http://mr331.blog56.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sun
2011.06.05
01:43
 
もう、呆れかえって閉口。なにも言うまい。


 

more


先日、職場の上司が病気で休み始めた、と言いましたが。
課長たちが会いに行ってきたところ、原因は私にあるとのこと。
「ゆずこさんが私をいじめるから、仕事には行かない」とな。
呆然。
課長たちは「それは勘違いだから」と言ったそうだけど、どうにもならない様子で。

そして、今日の午後。
「勘違いしているから、会って、話しをしてくれないか」と課長から電話がありました。
これにも呆然。
本人が、休むに至った原因の人間に、なぜ、誤解を解く必要があるのか。

呆れかえる。
おばさん上司が休むから、死ぬほど仕事してんのに。
病気だからと自分をおさえて文句も言わず、おばさんの分も仕事してるのに。
いじめるって何?
「優しく、ゆっくり、教えて欲しい」とな。
入社して1年目の子になら、そうすると思う。
ただ30年も仕事をしている人の言葉で、状況を加味して言える言葉か?と思う。
そんな暇が所属する課のどこにあるっていうのよ。
あんだけ残業してる私に対して、課長もよく言えたものだと後で感心した。

同じコトを何度聞かれても、丁寧に答えた。
窓口業務を一切しなくても、上司だから何も言わずにこっちがキリキリ舞っていた。
8時半に出勤して夜11時過ぎに帰るまで、数分おきに来る質問にだって全部答えていた。
最低限してもらわなきゃいけないことを教えようとしても、聴く耳を持ってなかった。
苦情処理とかも全部を交代して処理したのに。
仕事する上で必要な研修に行ってみては?と言ったら「イヤ」と言われ、
同じコトを家で学んでみては?と言ったら「絶対にイヤ」と言われ、
自分で努力をしないひとに、時間をかけてた私の時間を返して欲しいくらいです。

その他もいろいろ言わずにしたよ。
これ以上、私に譲歩する点がどこにあるのか教えてほしい。


何がいじめと捉えるかを考えた。

1人の特定のお客さんに電話をかけてほしい、と言ったことと、
エクセルを覚えてほしい、と言ったこと以外、強く言ったことはない。
あ。
7月になったら、4月以上に忙しくなるから、6月までにペースを掴んでほしい、って言った。

強く言う、と言っても上司だからやんわりと言ったけども。
そりゃ、一応人生の先輩だもの。敬意を払わなきゃ・・と思ってたし。


「誤解しているならそのままで結構です。」
と課長に伝えたら、面食らっていた。
被害妄想が激しい人は、自己改善をすることがない。
私自身が「誤解ですよ」と言ったところで、自分の感情が正しいのだから処置無しだ。
状況を変えるには、自己改善と気づきが必要だと思うし、それは自ら行うこと。
他人がいくら話しかけても、仕方がないこと・・・ということを、
全く同じタイプの人と関わりを持ったことがあるので、誤解しててもらっていいと判断した。
いくら言っても無駄なんだって、知ってるから。

友達に愚痴ったら「誤解を解くのは周りの仕事であって当事者の仕事じゃないでしょ」と。
あ。そう言われてみれば、そうでした。

自分が正しいことを理解してもらうために、自分を説明するとかむつかしいと思う。
それがそんなに意味のない行動だということをもう知っている。
そして本当は「仕事を覚えるのがイヤで休んでいる」ことを課長に知られたくないから、
私がいじめていると言っていることも含めて、許容範囲内と受け止めようと覚悟している。

・・・これって、一回り以上歳下の私が考えることか?
と、腹も立つし、私を理由によくもしたな、と思うし、課長もフォローなしで、よく居てるな、とか。
私を蔑ろにしても、私は構わないですよー、というスタンスを取っているから、
みんな自由気まま勝手に振る舞ってくれる。
それに合わせる方が気楽だけれども、腹は立つんですよ。

課長は、自分の立場が一番大事で、それ以外はどうでもいい人の様子。
班長は、我関せず。
おばさん上司の仕事フォローは、結局誰もしないので、私がしている。


病名を書いた診断書をあげてきているけれども。
「病気じゃなく、性格だ」と周りも今までおばさんに関わった人も言うんだけれども。
それでも医者が書くなら病気と言うことになるんだよね。世の中は。



ああ、もう、だれか褒めて欲しい(笑)
わたし、頑張ってると思うんだけどなぁ。酬われなさすぎて虚しい感じ。
もう、仕事の責任感とかほっといて、私も休んでやりたいくらいです。




もちろん、ナカイしゃんを観る暇すらなく、仕事仕事仕事。
すまぷに会いたい。
日本でなかったら、マジで、1人ででも中国に行こうと思う!
ちょっと怖いけど。
Category * たわごと
Trackback(0) Comment(2) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment
 

kouさんへ
こんばんは。こめんとありがとうございました。

こういったことは心密かにしておく方が良いことだ何となく理解しています。
私の場合、書いて整理したり、強く言う(ブログに書く)ことによって、今後弱ったときに自分を鼓舞できるというか襟を正せるというか、そういうことが多々あるので、書いておくことにしました。
真っ当な人が、損するようなことがあってはならないし、
逃げることも大切なことですが、逃げ方にも因るような気がします。
声を高らかに言っていいこととは思いませんが、
私自身、こんな感じの人間なので、言ってます。なはは。

「自然淘汰」という言葉で片付けてしまう方がいらっしゃいましたが、
それは、少し狡い気がして、非道いことのように思いました。

NAME:ゆずこ | 2011.06.07(火) 00:00 | URL | [Edit]

 

こんにちは
よくぞ言いました!(えらいえらい)
そういう人ってホントいらっしゃるのですよね。
どうして今まで勤め続けていられたのか…て方。
まぁそういう方だからでしょうが。
で、上司や他の方々は我関せず。つらい!
結局ゆずこさんのように当事者の対応一つになるわけで、今回のゆずこさんのように言えない人が潰れて病んで辞めていく。
ひどいよ、ひどい。

NAME:kou | 2011.06.06(月) 18:04 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 pleasant daily life, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なかのひと