http://mr331.blog56.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2009.11.16
23:09
 
拍手コメントのお返事を書いてます。

「いつのだよー!」といわれちゃいそうですが(すみません)、
お心当たりのある方は続きを開いていただけたら、ありがたいです。



 

more



●め**さんへ
こんばんは。
メールを送ろうと思って、書きかけたては消し、書きかけては消し、と。
め**さんにいい人に思われようと必死な私(苦笑)は、ちょっと、えへへ、です(^^;)
年末・・ではないものの、
来年は東京へ再々行くので(予定)(願望)またヨロシクお願いします。

●ま**さんへ
「多少ネガティブになって、イジイジしちゃって、つい求めちゃうのは、そんなに悪い事ではなく、自然な心の動きのように感じます」の言葉に、かなり励まされました。ありがとうございました。
最近は「ネガティブは悪」みたいに思っちゃう自分がいたので、
「ああ、もう!」とイライラしたりと、ため息ばかりでした。
でも、慣れてきました(^^)
生活に慣れてくると、なんとか折り合いをつけながら行けるものなんですね。
仏の心を目指しながら生活しつつ、まあ、人間なので多少の泥臭さは「アリでしょう!」と思えるようになりつつあります。基本は楽観的なので「なんとかなるだろー」で片付けるようにして(笑)

●ananの記事にコメントくださった、霧*さんへ
綺麗なあんあんは、結局見つけられず(あうー)。
なので、たとえボロっとなっていても1冊でも手に入れることができて良かったーとホッとしてます。
「見つけたら、即買い」は鉄則だと、再確認しました。
すまふぁん、隠れてるからなー@わたしの地元

●え*さんへ
キンキくんとのすぺさる、楽しかったですねー!
うたばんでは、観れない表情がたくさんあって、ほんと、よかったー@すますま
すまっぷみんなと一緒というレア感が、スペシャル感を生んでいたのかな。
後輩でも、特別な2人だとナカイさんが言うのには、思い入れもあるんでしょうね。うん。
歌のコーナー、いつか出てくれたらいいな、と思ってます。

●き**さんへ
コメントありがとうございましたー。
楽しいことを「ぶばばばばー」と言える毎日が、素晴らしい日々なんだと実感もしました。
好き勝手に書きすぎても、ネット上なので、どうかな?とも思うのですが、
マイナスなことを書かないように気を付けてるつもりでも、うーん、難しいですね。
ありがとうございました。



●sin*****さんへ
お久しぶりですー(^^)
だましだましで生活しながら、ナカイさんとおすまにお互い、癒されましょ。
マイケル中継、見ましたよ~@日てれ(録画してました。えへへ。)
インタビュアーに気付く「きりっ」とした顔を確認しました!
か、かっこよすぎた・・・。めろーん。
来週のすますまが楽しみです。
赤絨毯上を歩くスローモーションなナカイさんを見ただけで腰が砕けそうでした(笑)
禁断症状、かな?
(らいぶー、らいぶー、らいぶー、)

●宇治について、さんへ(表現、すみません)
おせんべーやさん・・どこだろ(行ったのに、わからないてー・笑)
そですね、春の京都が良いですね~。
お土産は、JR側です。伏見稲荷とセット観光でも良いかもしれませんー。

●あらちとすま話題、さんへ(こちらも表現が変ですみませんー)
仲が良いか、良いわけでもない、か。
うーん、どっちの方が魅力的なんでしょうかね。
深くも、浅くも、どっちでもいいかなー(こらこらこら)
表に出てくる部分、両方とも魅力的で好きなんですよね@わたし
比べるものでもないかな。比べる基準が違うかな、と最近は思うですー

●anan平積み、さんへ(もはや、ネタになってるし・苦笑)
不自然に凹るのは、入荷数が少ないから?・・・と変な被害妄想が(笑)
「ぼくらのこいのさいん」という記事だったんですか(未確認)
全く読まずに、写真だけを観て「きゃあああ」てな感じでした。
あんあんあん、の記事はもうきょうみをひくものではないのです。あうーん。
若い人たちが読む雑誌という認識で、読むなら三国志のほうが良いです(対象がちがうでしょ!)

Category * たわごと
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 pleasant daily life, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なかのひと