http://mr331.blog56.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Wed
2009.09.23
12:03
 
昨日、朝の早くから京都へ行ってきました。
目的は「ルーブル美術館展@京都市美術館」だったんですけれど、
ま、ちょろりちょろりとうろうろしてきました。
チラリメモ書き~。


朝5時に起きて6時前に家を出て、目指すは京都市美術館です。
ルーブル美術館展を楽しみにしていたらしく、
今年の2月か3月頃に手帖にいろいろメモしてました。
4月から開催されていたんですが、いろいろあって終了間際の昨日行くことに。
louvre-ten.jpg
私は9時ちょい前に到着したのですが、すでに入場まで55分待ち!
この美術館へは何度か来てますが、こんなに並んだのは初めてです。
10時ちょい前に入場して、絵画を見て、出てきたら10時半でした。
ちょっと苦手な宗教画ぽいのと、時代背景を描いたものばかり。
私は、風景や画家の家族等をすんなり描いたものが好きなので、パパッと出てきてしまいました。ま、行ってみないと「感じ」が分からないので、行って良かったです。
10数年前にルーブルとオルセーへ行きましたが、
オルセーの方が「好き」と思った感覚は今も変わってないんだな~とふと思いました。
人の感覚って、そんなに変化しないんですね。

で、ここで「ゆずこちゃん?(本名でしたけど)」と声をかけられて、
振り向けばかかりつけ医の事務員さんにバッタリ会いました。
京都のこの地で会うことがないと思ってる人に会うと、かなり驚くのね(苦笑)。


ちょっと長いので、畳みますー。 

more


京都市美術館に来たならば、一応寄るでしょ@平安神宮
heian-jingu.jpg
何度も来てるから、ちょっとだけ「のんのん」して、おみくじを引きました。
結果は分かってるんだけど、ま、引きますよ。
omikuji
「待人 来たらず」
今までは「遅く来る」とかだったのに、もう来なくなってました(笑)



平安神宮を出て、ベタな観光スポットへ移動。
kiyomizu-dera.jpg
清水寺です。
清水五条駅からテクテク歩く。これがすごく遠いのです。
距離が長いし、坂道だし、階段だし(茶碗坂)。
でも今回は目的があったので、頑張って歩く、歩く、歩く。

西国三十三所巡礼」を始めてみようと思って。うふふふふー。
別になんてことはないのですが、
ちょこちょこ動き回ってるのに目的がなさすぎるなーと思っていたので「そうだ!」と思いつき、母に相談してみると「いいんじゃない?」とのこと。いとこのおばーちゃんは4~5回巡礼したそうな。
信仰心は深くないですが、ま、普通だと思うので回ろうかな、と。

清水寺の納経所で、納経帳を購入して「お願いします」と手渡しました。
・・・で、思ったこと。
清水寺は参拝客が多くて忙しいからか、対応を不快に感じました。
別に「媚びを売れ」とは思いませんが、寺の名前に胡座をかいているようでした。
もしくは、私の信仰心の薄さを感じ取ったからこそ、の態度だったのかな(汗)
深くもないけど、薄くもないと思うんだけど、納経をお願いするにはまだまだなんだろうな。

そのあと、テクテク歩いると「通り抜けはできないけれど一望できるよ★」的な看板があったのでそちらの方にテクテク歩くと、
kiyomizu-dera3.jpg
写真では分かりづらいですが、一望できました。

そうそう。
行く度に「清水の舞台の高さを写真で表現したい」と思って、撮ります。
kiyomizu-dera2.jpg
・・・やっぱりできてませんでした。
どうしたらあの高さを表現できるんだろうなー。
「行って、見なきゃ、わからない」ということなのでしょうか。うーん。



清水寺をあとにして、六波羅蜜寺へ移動。
rokuharamituji.jpg
静かな雰囲気がお寺を包んでいたように思います。
宝物館で多くの像を見せていただきました。
私には、「空也上人立像」は一見の価値あり、でした。
像を見るだけで、伝承が分かるというもので、ちょっと感動。



実は「(ほぼ)ずっと歩こう」と思っていた京都散策。
すでに足が痛くなってきてましたので、電車移動に変更。
(タクシーは使わないっ。・・・お金無いもん。・・・1人だもん)

そのあと、六角堂 頂法寺へ。
都会ど真ん中にあり、鐘が道を隔ててありました。
rokkakudo-kane.jpg
屋根が六角、なのですが周りのビルへ入るわけにも行かず。
ちょっと気になる像が。
rokkakudo.jpg
可愛いというか(そうか?)、不気味というか(失礼!)、なんというか。



先日行った「香取神社」を思い出しました。
風景は全く違うのですが、なぜ思い出したのかはわかりません。
「癒されるな~」感は、神社の方が強いのかな?とかいろいろ思うことがありました。
でも、高野山の金剛峯寺や奥の院辺りは何かを浄化してくれてるのを感じたりとかあるから、人のタイプ的に「合う・合わない」てことかもしれないですね。
香取神社はまた行きたいし、亀有で食べたお寿司屋さんに「また来ます!」と言ってきたのでいかなきゃな~、とか全然関係ないこと思ってました。罰当たり。

京都散策に関係ないので、括ります。



そして、行願寺に行くのにちょっと悩む。
「電車で行くか。歩いて行くか」
普段なら、この距離ならば「歩く」のですが、もう足の付け根が外れそうになっていて(苦笑)
半分電車で、半分歩きました。
四条烏丸から四条御池まで地下鉄に乗り、そこからてくてく歩く。
途中「もう関節が外れる!」と思うことがしばしば(笑)。
(外れるわけないっちゅーのに)

行願寺へ着いて、疲れ果て、写真を撮るのを忘れてしまいました。くすん。
蝋燭、線香を購入して火を付けて、刺し刺しして。
のんのんしてから、納経をお願いしました(納経を頼むのは、どんな表現を使うんだろ?)
ここでは女性が書いてくれるのですが、笑顔が良い親しみある方々でした。
とりあえず、彼氏ができたら再来することを約束し(笑)、帰路につきました。

ここから、神宮丸太町駅(京阪)までの道に橋が架かっているのですが、
北を見てみると、キレイな稜線が幾重にも。
ryousen.jpg
写真では分かりづらいですね(汗)


22日は終始曇っていましたが、暑さはほどほどに感じました。
「さすが盆地」「さすが『暑さ寒さも彼岸まで』」とかグルグル頭ん中を巡りました。

1日で行ける距離なんだけど、やっぱり遠い。
それでもまた行きたくなる京都。不思議な街です。
次の時には、今回時間が無く行けなかった西本願寺へ行きたいです。
修復作業は終了しているはず!(今年の3月終了だったような・・)

1人でも楽しかった。ちょっとヤバイかもしれない、と焦る(笑)。
Category * 西国さん巡り
Trackback(0) Comment(2) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment
 

ねーさんへ
返事が遅くなりまちた。
京都はこれからしばらく良い季節ですね。
でも、やっぱ少し遠いね。

NAME:ゆずこ | 2009.10.01(木) 01:13 | URL | [Edit]

 

この連休中、私も京都に行こうと思ってたのー。
やめたけど。
一人の京都は良いよね。ヤバイなんてことないわよ。

ゆずこの記事読んで行きたい度がUPしたわよー。

NAME:みゅう | 2009.09.24(木) 10:53 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 pleasant daily life, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なかのひと