http://mr331.blog56.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sun
2009.08.09
23:47
 
地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.10
「星の大地に降る涙」8月9日(日)13時開演
@梅田芸術劇場


去年のおすまさんのライブが終わった直後ぐらいに「行く!」と断言したこの公演。
日程等については今年に入ってから調整したのか、もう忘れちゃいましたが。
私、本日、行って参りました。
8月に、今年の全ての予定ををつぎ込む結果になると思いますが(未定)。
家族に「8月はゆずこのご褒美月間」と認定され(苦笑)、飛び歩きますわよっ。
(ちゃんとしなきゃならないことは、してますわよっ。・・・と誰に言い訳?(汗))
もう1度、行きますけれど。えへえへ。
だって、私はごろてらファンだもの~!きゃあ!

以下、ネタバレありありの感想。

 

more



歴史の裏側にある、ある種族とシャチの悲劇と再生への希望。

内容的には、そんな感じではないでしょうか。
(6月に東京で観たときと比較してしまうことが多いのですが、ご容赦ください。)
舞台の流れがサクサクとしていて、
公演の始めの頃よりサラリとした流れになっていたように思います。
何処がどう変わったとかは、ちゃんとは言えないのですが、そう感じました。

でも、根底にあるものは変わっていなくて。
大切な台詞が省かれているとかは、ないんですけどね(そりゃそうですね)。
そのまんまの台詞ではないのですが、
「国を考えるのではなく、家族を考える」という台詞に「はっ」と気付きました。

私が国や政治を語るのは、浅はかだとは承知していますが少しだけ。
歴史的に、自己の意見を主張するために殺戮や失敗をしてきたこの国。
『いつか、痛い目に遭う』という台詞と共に出てきた、キノコ雲の映像。
私は、経験したことのないその歴史を忘れてはいけない・・・と言われている気がしました。

知識として知り、知恵を出し合い変えていく。
考えることができる動物だからこそ、考えることを辞めてはいけない。

そして、武器を持つことは、笑顔を忘れる。

ステラが何度も何度も、言っていた。


1人1人が、考え、想い合うことの大切さを描いた作品だったと思います。





私は、大河ドラマの『新選組!』を何度も何度も見て、
激動の時代に懸命に生きたドラマの中の彼らのことが好きでした。
ドラマとしては好きだし、胸が熱くなる作品です。

けれど、蝦夷地に向かう榎本・土方、新政府軍の二者しか見えていなかったのだと思いました。

主張するために武器を持ち、笑顔を消し、戦うというのは、悲劇でしかない。
今の私は、そう思っています。
考え、そして共存する道を探すことができるはずだから、その道を探さなければならない。

五朗さんが、伝えたかったことはこういうことなのかなーと、想像です。



そうそう。ラストについてですが。

サージャとトドは、死んでしまう。

明治新政府ができる当時はお互い「共存」することなく、
互いが互いを傷つけあっていたことを言いたかったのかな?と思います。
新撰組は蝦夷地で敗れ、土方は死んでしまう。
それによって、新しい時代が流れに乗って、昭和にキノコ雲を発生させてしまう。

歴史として知っているのだからこそ、忘れることないように。
そして「共存を考えること」を忘れずに生きていってほしい。

・・・ということの念押し(?)かなー、って思いましたが、うん。
どですかね、まひるさん(なぜ問いかけ・笑)




さて。
ごろてらの2人のお話は、ええ、うふふーでした。
テラさんはカミカミだったし、ごろさんは「タバラ」を「たらば」と言っちゃうし。
もう、私は大爆笑でした。

あとですね、タチオがトドを馬と間違えて馬乗りしちゃうところですが。
ごろさんのネチネチしたツッコミが音尾さんの吹き出しポイントを突いていて。
顔を舞台正面から背けて笑ってる音尾さんに、爆笑でした。
そのシーンのとき、テラさんは壁(?)に隠れながら笑ってました。

そんな少しのアドリブ的なものが、楽しかったりしますよ~。


はるまくんの台詞回しというか発声が、格段と上手くなってて見やすさに拍車をかけてました。




やっぱり大好き、地球ゴージャス。
前回の観劇感想でも言いましたが、
『クラウディア』よりも理解しやすく、楽しかったとデスよ。





Category * 舞台
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 pleasant daily life, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なかのひと