http://mr331.blog56.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sun
2009.06.28
21:34
 
地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.10
「星の大地に降る涙」6月27日(土)18時開演
@赤坂ACTシアター


バタバタと用意して、バタバタと行き、バタバタと帰ってきました。
カラダはすごく疲れていて、何故か筋肉痛が全身にあるのですが、
ココロはすごーく満たされました。
カーテンコールの時に五朗さんが、
「忙しいスケジュールを遣り繰りして、ご来場いただき、ありがとうございました」
という主旨のコトバを言ったとき、自分だけに言われてるわけじゃないけれど、
「すごく迷ったけれど、来てよかった。ほんと、よかった。ありがとう」と泣きそうでした。
母にも感謝です。ほんと、ほんと。


以下、若干ネタバレある感想文ですので大丈夫な方だけ、どうぞ。
(核心には触れていないので、大丈夫かな?とは思うんですが) 

more




出演者:
木村佳乃 三浦春馬 音尾琢真  寺脇康文 岸谷五朗  ほか



すごく楽しくて、すごく面白くて、大好きです。
話が面白いのは、もちろん。
以前「クラウディア」という舞台を観たのですが、
その時に感じた「難しさ」はそんなに感じませんでした。
武器を持つこと自体が、笑顔を亡くすことになるんだ・・と漠然とイメージできました。

話の途中で「蝦夷島」という単語が聞こえてきたので、
ちょうど幕末から明治時代に書けての話をもじっているのかな?と思っていたら、
どーんっ!と来ましたね。うん、取り込みやすくて、スッと頭に入りました。

話については、また今度。大阪に来てから。




で。

今回は3年ぶりに2人揃った公演。
2人の掛け合いが、HUMANITYの時よりも多くて、すごく笑ってしまった。
「フフ」って笑い合ってるし。
やっぱり2人が居なきゃーーー。

テラさんの登場が「ほらほらほら、テラワキさんの登場ですよ!」という派手な演出にワクワク。
あたし、この人がかっこわるくなる日が見えない。格好良すぎる。
背中をじーーーっと観ていたら(怖)、無駄な肉が無く、ええ、ステキ。
格好良すぎる(2度目)

無駄な肉がないと言えば、仮面ライダーの腹筋を持つ三浦くん。
ビックリしました。なんだ、あのサイボークぼでー。
最初の台詞があんまりちゃんと聞こえなかったんだけど、
途中からは気にならないし、最後は上手く歌い上げていたと思います。

歌と言えば、木村さんが良かった~。
声が低いから、高音はツライ部分もあったかも知れませんが、
あの表情に癒されながらだから、全然大丈夫でした。
木村さんで良かったな@この役。可愛いし、ステキだし、母性があるし。

そして、音尾くん。
休憩後スグに、SHUNさんが真ん中で踊っているとき、ずっとSHUNさんを観てたんですが、ふと向かって一番左の人に目を移してみると、口元が音尾さんじゃないですかっ。
そこからは、ロックオン。やっぱり音尾さん。
さすが、丸4年ファンだっただけのことはあるな。えへえへえへー。
踊りも殺陣も歌も、もちろんお芝居も、言うことナシ(えらそう)(ごめん)。
友達が「ゆずこが『ナックスからゴージャス客演するなら、音尾くん』とずっと言ってたのは、納得できる」と言ってくれて、なんだか自分のことのように嬉しかったです。

前髪を垂らしているとモッサイのに、括った途端に男前になる五朗さん。

この5人と他の出演者達が絡み合って、素敵な舞台でした。


顔の大きさは、トントンだったと思うけど、音尾くんがスカーフ(?)を巻かれていて、
それで「顔が大きい」「顔が馬面」のネタは五朗さんに集中(笑)。
音尾くんは「魚ネタ」が一つと、あとは「豆」と言われていて、言い得て妙。ふっ。

あと、「タチオ」の名前を「ピスタチオ」なんて言わないでください。
帰りの電車の中で、パンフレットを見て爆笑しちゃったじゃん!音尾くん!
その時に笑えるモノじゃなく、あとから分かる笑いとかヤメテよ(笑)。恥ずかしいの。




+++++

札幌公演をする「意味」が、きっと「音尾くんが出演してるから」という理由だけじゃナイと思う。

いろいろと深いぜ、地球ゴージャス!
Category * 舞台
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 pleasant daily life, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なかのひと