http://mr331.blog56.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sun
2009.01.04
22:23
 
「そのお話は、また明日」と書いて、明後日になってしまっているけれど(苦笑)

■3貝目。
1月2日だというのに、ほぼ満席だった映画館。
「明るい話じゃないからなー」と、人が入っていないと思いながら行ったんですけどね。
家族連れ(おじーちゃん・おばーちゃん・おとーさん・おかーさん)が多く。
若いカップルも結構いた。夫婦もいた。友達同士のおじーちゃんとかも。

ナカイファンな私は、嬉しかったです。
別にナカイが出てるとか関係なく観てくれる人がたくさん居るってコトが。
じゃになナカイだからって敬遠されるとか、そーゆーのが余りないんだろうな。
ホント、よかった。
全国津々浦々の広報回りした甲斐があったのかもしれない。
・・・という事実を、ナカイに教えてあげたい気分(笑)

そんで。
近くに座っていたじーちゃんが嗚咽になりそうなくらい泣いてた。
近くに座っていたおばちゃんの涙が止まらなかったことも分かった。

いろんな意味で「良い映画」だなーと、また思えたよ。

 

more



3回目で、ようやく自分の中に物語を取り込むことが出来たような気がします。

私の父と母は、戦時中の記憶がかすかにある年代で。
大都市で住んではいなかったものの、B29が攻撃してきた記憶が鮮明にあるそうです。
駅前への攻撃は半端なものではなかったそうで。
私の母方のじーちゃんは、駅前での攻撃の際にはたまたま難を逃れて助かり。
父方のじーちゃんは、戦地で帰らぬ人となりました。
そんな私は東京へ行くと、何度かに1度は行く神社があります。

私は戦争体験をしたことはありません。
けれど、身近に感じていなければならない、と漠然と思っていました。

貝を観て、そんな話とか漠然と思っていたことを思い出して。


誰が悪いとか、何が原因とか、追求はしなければならないだろうけども。
そーゆうのではなく、このような悲劇はあってはならないことだということは、
分かってなければならないことだなぁ・・・と思いました。




映画の感想はいろいろあるけれど、まだ上手く言えない気がします。

また観に行く時間、あるかなぁ。
Category * たわごと
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 pleasant daily life, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なかのひと