http://mr331.blog56.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sat
2008.12.06
23:32
 
どこに書こうか迷ったけども。

■先週のぎょーてん。
ぼけーっと遊んできたので、一昨日に見ました。
以前、職場の人で「拒.食.症(検索避けしてます)」と診断された人がいました。
ホントに全く同じ症状とか発言だったので「あー、そうなるんだー」と思う。
結局のところ、病院の先生は「その人が気付き、治そうという気持ちが出てくる」のを待つしかないということにも、この番組を観ていて漠然と感じました。
職場の人は現在、元気になりつつあり、ハツラツとしてきてます。
目を見て話もしてくれるようになったし、ふっくらしてきたし。
(それは違う病気だったのかもしれませんが)


で、ちょっと書きたいなーと思うことを書きますが。
自分メモだったりしますので、読まなくてもイイですよ。


 

more



以前、日記に書いたことがあるかもしれない。
同じネタ(?)を書くけど、メモだ、メモー。




毎年「ふりかえって○○○○」を書いて「よく遊んだな。にゃはー」とメモする私。
スマライブが終わったし「ふりかえって2008」を書くために、今年を振り返った。

今年、記憶がない時期がある。
体は元気だったし、仕事もしてたし、遊びにも出てた。
このブログも書いていた。出来るだけ楽しいことをメモに残した。

記憶がないというのは、言葉のまんま。

私は落ち込みが酷くなると、記憶を抹消していくという機能を持っているらしい。
便利なようで、実のところ便利ではない。
友達と「こんな話したよね~」とか「こんなことあったよね~」と言われても、
仕事場においても「あの会議でこんな結論出したよね」と言われても、
記憶に残っていないのだから、どうしようもない。
友達と話したことは、覚えていなくても「てへっ」と笑って済ますことができるが、
仕事はそういうワケにはいかない。
数年前にもそんなことがあったので、「そんな時期かも?」と思ったとき、ほぼ一言一句を必要以上にノートや資料にぎっしり書いているので、今期については困ることがなかった。
遊びについては、このブログに書いているから「あー!」と思い起こすことが出来て「楽しかったにゃー」とニマつくことができる。

書いて整理をするということは、この辺から始まっていると思う。
「記憶がなくなるかも?」という時期は、なんとなく分かる。
自分のことで精一杯になりすぎて、余裕が全く無い時期だから。
そんなときは。
客観的に自分を見るよう努力する。
そうすると、そんな状態になっている「原因」に気付く。
原因が分かったからといって、その時期から抜け出すことは易々とはできない。

私の場合、抜け出すためには必ず「友達」が必要になる。
・単に話を聞いてもらう
・地元から物理的に離れる

今年は「物理的に離れる」が功を奏した。
離れることによって、原因からも離れることができた。
友達と一緒だったから、たわいない話をたくさんして、気分を変えた。
宿泊を伴う旅行だと、夜にじっくり考える。
原因のある場所にいると、客観的に見ているつもりでも渦中にいることと同じ。
小さな山だと超えれるけれど、大きな山は越えることができない。
でも、大きな山を遠くから見ると、小さな山にしか見えなくなってくる。

そんなわけで、そこからの記憶は普通になる。

あえて、病気名を書くことはしないけれど。
誰だって、どんなコトになるか分からない。
私は、真面目ではないし、几帳面でもない。
一般的には、そんな状態になるタイプではない人だと思う。
けれど、きっかけ一つで、なってしまうこともある。
深刻な状態ではなかったにしろ、不安は不安なんだ。

私の周りの人は、みんな優しい。
友達でいてくれることを当たり前に思わなくなった。
自分勝手な行動を許し、笑ったり、どきどき注意してくれたりしてくれる。
本当に「感謝」することを、知ることができた。

仕事以外では、わざわざ自分を締め付ける状態のところに飛び込まなくなった。
以前は、そのことが漠然と「逃げること」と思っていた。
今は「逃げてもいいやん」と思う。
切羽詰まって、どうしようもなくなったら、逃げてもいい状態にしていいやん。
仕事では逃げることが出来ないんだから。
終わることを考えるくらいなら、逃げて、延びる方がいい。
そう思うと、楽になった。

きっと、同じコトを考えるときが来る。
私は同じコトを何度も繰り返すけど、忘れちゃう。
そんなときの自分への「ヒント」として、ここにメモ書きしておくことにしました。

楽しいことを書く日記なので、ときどき自分で読み返すんですよ。
なのでね、きっと、未来に読む自分のために。
・・・前にも同じコトを書いたと思うけど。


今日の時点では、体、元気。気分、上々。
前向きなことしか考えられない。楽しい自分だ。
楽しい自分、さいこー!



仰天を見てて「この人にはあの友達がいて、よかったな~」と思った。
Category * たわごと
編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Copyright © 2017 pleasant daily life, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なかのひと