http://mr331.blog56.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2008.11.17
00:45
 
少しだけHDDの整理中。
きっちり今週分が入るくらいは容量ができました。
けれど、来週のほぼ1週間、家を留守にするので何とかしたいです。


◆web拍手、ありがとうございます。

●11/16 15時台にメッセージをくださった方へ
効きますよね@水薬
インフルエンザの予防接種「風邪が治ってからにしてね」と言われました。
「あ、あの、来週、来たいんですけど」「たぶん治ってないから、それ以降で」と先生に言われちゃいました(汗)。私も予防接種を欠かしていませんっ。つらいですよね、インフルエンザ。


 

more



■今日、秋葉原で何かのイベントがあったらしく。
そのイベントのため、高校3年生の女の子が一人で上京しました。
スマ友であり、あら友であり、リアル友の友達と一緒に通うお茶のお稽古。
いつも一緒の時間になる、女の子なんですけどね。
もう、私たちは心配で、心配で、心配で(苦笑)。
無事に帰ってこれるか、アタオタしていないか、心配しつつ送り出しました。
「一人で行くなら、もっと早く言えよ!おばちゃんたちが付いて行くやないのっ」
そんなことを言いながら、
東京の地図帳と時間をつぶす場所を打ち出した紙を渡しました。

友達と行くなら、そんなに心配はしなかったと思います。
でも「東京って、どう行くんですか?」なんて聞かれちゃ・・・ね(汗)。

いろいろお膳立てをしてあげようと思ったんですが。
これも一つの経験になることだし、自分で何とかしなきゃ意味がないことだし。
「正味、困ったら、連絡してきなさい」と言うだけに留めました。

そうして、思う。
「私って、東京に初めて行ったのっていつだっけ?」と。
思い出したのは、2000年のスマライブでした(修学旅行は除く)。
でも1人じゃなかったから、大きな不安はなかった。
翌年、研修で1週間滞在して「日本語通じるから、大丈夫!」って思えるようになりました。

やっぱり田舎から都会に出るのは、不安があるものなんです。
自分が行くときは「わくわく感」の方が勝ってるから、心配なんてないんですよね。

で。今回。
仲良くしてもらってる高3女の子が行くとなって、心配する自分に気づき。
親の気持ちが少し分かったというか、なんと言うか(苦笑)。
今となっては「あ。そう」くらいになってきてますが、それでも「気を付けて行ってくるのよ」と旅に出る朝、必ず言われることに、少し感謝の気持ちが出ました。
旅に出るってコトは、日頃の煩わしさから解放されるため・・・というのが大きな目的の私。
それを分かっているから、昔は「宿泊施設に着いたら電話して!」と言われてましたが今は「電話はしなくて良いよ」と言う両親。
例え、こんな年齢(苦笑)になっても、旅行に出る私を少しは心配してるんだろうな~と思いました。うん。こんな年齢なんだけどね。
15歳まで育てた兄を事故で亡くしてる両親ですから、きっと、そうだと思う。

この両親の間に生まれたんだから仕方ない、か。
今度行く出張先から、1回くらいは電話で元気な声を聞かせてあげよう、なんて思います。
(親子だから、上から目線・笑)

Category * たわごと
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 pleasant daily life, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なかのひと